Japonism(嵐)- Utapedia

Japonism
-Japonism-

Japonism」は、2015年10月21日に発売された、の14thアルバムである。


目次

-Contents-
  1. 概説
  2. 楽曲一覧
    1. 共通収録楽曲
    2. よいとこ盤
    3. 通常盤
  3. 外部サイト

概説
-Overview-

  • 前作「THE DIGITALIAN」から約1年ぶりのアルバムである。
  • 既発曲は、45thシングル「Sakura」、46thシングル「青空の下、キミのとなり」である。
  • 日本の素晴らしさを、16年目の嵐だからこそ出来る新しい解釈で表現しており、これまでとは異なるタイプの楽曲にも意欲的に挑戦した、常に進化し続ける嵐の魅力を存分に堪能できる作品となっている。
  • 初回限定盤・よいとこ盤・通常盤の3形態で発売された。
  • よいとこ盤のDisc2には、アラジャポ・トークの他、少年隊の「日本よいとこ摩訶不思議」のカバーが収録されている。
  • 通常盤のDisc2には、CD化を待望された「ふるさと」を含むボーナストラック4曲が収録されている。
  • コーラスアレンジ及びコーラスは、二宮和也のソロ楽曲「MUSIC」を除きKo-sakuが務めた。

  • スポンサーリンク


    楽曲一覧
    -Songlist-

    共通収録楽曲

    ※ よいとこ盤・通常盤Disc1

    1. Sakura[04:39]

    作詞・作曲:eltvo/編曲:佐々木博史

     2015年2月25日に発売された45thシングル。


    1. 心の空[04:33]

    作詞・作曲・編曲:布袋寅泰/Rap詞:櫻井翔

    • E.Guitar:布袋寅泰(by the courtesy of Virgin Music, A UNIVERSAL MUSIC COMPANY)
    • Co-Programming & Keyboards:岸利至
    • Tsugaru Shamisen:小山豊
    • Chorus Arrangement:Ko-saku

     本作のリード楽曲。作詞・作曲・編曲・エレキギター演奏を、ロンドンを拠点に活動する元BOØWYのギタリスト・布袋寅泰が担当。“外から見たニッポン”をテーマに制作した楽曲で、嵐×布袋寅泰×和楽器のバトルが生む緊迫感あるサウンドに乗せて、嵐の歌で“日本の素晴らしさ”を表現している。


    1. 君への想い[04:53]

    作詞:wonder note・Macoto56/Rap詞:櫻井翔/作曲:wonder note/編曲:石塚知生

     アラジャポ・トークによると、仮題は「夜空に」。篳篥と笙の演奏は、雅楽演奏家の東儀秀樹が務めた。個人的には、Bメロの「明日へ続く」「雑踏の中」の高音コーラスが好きである。


    1. Don't you love me?[04:00]

    作詞:wonder note・paddy/作曲:takarot・wonder note/編曲:石塚知生

     松本潤のソロ楽曲。愛する人に愛されているかが不安になる男性の焦燥感を描いた、ブラス主体のアダルトナンバーである。


    スポンサーリンク


    1. miyabi-night[04:37]

    作詞:Macoto56・AKJ & ASIL/作曲:AKJ & ASIL/編曲:A.K.Janeway

     打ち込み和楽器が主体的な楽曲で、四季に合わせて色とりどりに変化する日本の景色を歌っている。


    1. 三日月[04:30]

    作詞:youth case/作曲・編曲:A-bee

     アラジャポ・トークによると、仮題は「Mikazuki」とローマ字表記だった。


    1. Bolero![03:38]

    作詞・作曲:SAKRA/編曲:Slice of Life

     吠えるようなギターとブラスが響く楽曲で、アルバムテーマの「和」とは対照的な情熱的ラテン楽曲である。尚、題名の「Bolero」は、スペイン起源の戯曲を指す。


    1. Mr. FUNK[04:45]

    作詞:youth case/Rap詞:Shigeo/作曲:Ricky Hanley・Daniel Sherman/編曲:metropolitan digital clique

    • E.Guitar:米川泰正
    • Trumpet:鈴木正則・山下真一
    • Trombone:佐野聡
    • Alto Saxophone:近藤和彦
    • Tenor Saxophone:春名正治
    • Chorus Arrangement:Ko-saku・Shigeo
    • Gaya:the Gaya-xy

     相葉雅紀のソロ楽曲。曲中のRap詞は、スケボーキングのShigeoが務めた(嵐の楽曲のRap詞を櫻井翔以外が務めたのは初である)。また、2番Bメロで登場する「噂に聞いたStar」は、前作のソロ楽曲「Disco Star」で登場したDisco Starのことである。


    スポンサーリンク


    1. [04:13]

    作詞:s-Tnk/作曲・編曲:三留一純

     大野智のソロ楽曲(元々は全体曲の候補だった)。曲中に、三条院が詠んだ68番目の詩「心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな」が挿入されている(「仕方なく儚い現世で生き永らえれていれば、この夜更けの月をきっと恋しく思い出す時が来るに違いない」という意味で、生きる辛さを歌った一首である)。尚、曲中では、「うき世(浮世)」が「憂き夜」となっており、もう来ない恋焦がれる人を憂えながら待つ夜とかけている。


    1. 青空の下、キミのとなり[04:04]

    作詞:wonder note・s-Tnk/作曲:Gigi・wonder note/編曲:metropolitan digital clique

     2015年5月13日に発売された46thシングル。


    1. Rolling days[05:05]

    作詞・作曲:Octobar/Rap詞:櫻井翔/編曲:pieni tonttu

     櫻井翔のソロ楽曲。前作のソロ楽曲「Hey Yeah!」と違い、本作収録楽曲の中で最も長い楽曲である。


    1. イン・ザ・ルーム[03:18]

    作詞:小川貴史/Rap詞:櫻井翔/作曲・編曲:Jeremy Hammond

     アラジャポ・トークによると、仮題はサビで登場する「ルージュ」だった。


    スポンサーリンク


    1. マスカレード[04:50]

    作詞・作曲:HYDRANT/編曲:船山基紀

    • Drums:長谷部徹
    • Bass:松原秀樹
    • E.Guitar:増崎孝司
    • Percussions:PECKER
    • Strings:佐藤万衣子ストリングス
    • Chorus Arrangement:Ko-saku

     少年隊の1stシングル「仮面舞踏会」のオマージュソング。編曲は、「仮面舞踏会」同様に船山基紀が手掛けた。


    1. MUSIC[03:38]

    作詞:AKIRA/作曲:古川貴浩/編曲:吉岡たく

    • Chorus Arrangement:AKIRA
    • Gaya:the Gaya-xy Annex

     二宮和也のソロ楽曲。2005年発売の5thアルバム収録曲「秘密」以来、10年ぶりにソロ楽曲の作詞・作曲を音楽作家が手掛けた。また、この曲のみ、コーラスアレンジ及びコーラスを、Ko-sakuではなく作詞のAKIRAが務めた。「五線」「Harmony」「ユニゾン」「sus4」「G Major」「Capo:4」「Sampling」と音楽用語が散見している楽曲で、間奏ではレトロゲームの効果音が挿入されている(丁度その位置に、レトロゲームを指す「8bit」が含まれている)。


    1. 伝えたいこと[04:39]

    作詞:ASIL・s-Tnk/作曲:Fredrik“Figge”Boström川口進/編曲:pieni tonttu

     ファンに対する感謝の気持ちを綴った歌。生音のギター・ブラス・ストリングスの他、綺麗なピアノが滑らかに流れる、朗らかな楽曲である。尚、ブラスの種類と演奏者は、松本潤ソロ楽曲「Don't you love me?」と同一である。


    1. Japonesque[04:11]

    作詞:MiNER.P.P./作曲:sk-etch・MiNE/編曲:ha-j

     題名の「Japonesque」は、「ジャポニズム(ゴッホ等、印象派の画家達が浮世絵に影響を受けたような、19世紀後半にヨーロッパで流行した日本趣味)風の」を意味する英語である(ピクシブ百科事典 参照)。


    スポンサーリンク


    よいとこ盤・Disc2

    1. 日本よいとこ摩訶不思議 covered by 嵐[02:55]

    作詞・作曲:野村義男/編曲:佐々木博史

     少年隊の1stシングル「仮面舞踏会」TypeAのカップリング曲のカバー。原曲の編曲が船山基紀であるのに対し、カバーであるこの曲は佐々木博史が手掛けた。


    スポンサーリンク


    通常盤・Disc2

    1. 僕らがつないでいく[04:25]

    作詞:SQUAREF・John World/作曲:Pippi SvenssonJosef Melin/編曲:BJ Khan

     尚、Josef Melinと共に作曲を務めたPippi Svenssonは、作曲家・Shusuiの筆名と思われる(Shusui氏の公式サイト より)。


    1. the Deep End[03:27]

    作詞:100+/作曲:STEVEN LEEDrew Ryan Scott・Andreas Öberg/編曲:A.K.Janeway

     クレジットにはないが、プロデュースとキーボード演奏を作曲のSTEVEN LEEが務めた(STUDIO NES公式サイト より)。


    1. Make a wish[04:24]

    作詞:いなむらさちこ/作曲:sk-etch・兼松衆・BERT・ROLF/編曲:佐々木博史

     「茨を掻き分けて未来を目指そう」「楽ばかりじゃつまらない、紆余曲折が丁度いいんだ」と、苦難に立ち向かう者の緊張をふっと和らげる言葉で溢れたエールソングである。


    1. ふるさと[04:41]

    作詞:小山薫堂/作曲:youth case/編曲:宮野幸子

     日本郵政グループCMソング、第80回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲、NHK「みんなのうた」2013年4~5月放送曲、松本潤主演ドラマ「はじまりの歌」ED曲、嵐のワクワク学校・校歌。2010年の第61回NHK紅白歌合戦のために制作された楽曲で、本作で待望の音源化となった(2番の歌詞は、2012年の第63回NHK紅白歌合戦で歌唱されたものである)。


    スポンサーリンク


    外部サイト
    -External Site-

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    サイト内検索
    -Search-

    このHPは
    -This HP is-

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    また、編曲クレジットのある音楽番組の披露楽曲情報もまとめています。

    全ての情報をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    カテゴリー
    -Category-


    Twitter
    -Twitter-