Happiness(嵐)- Utapedia

Happiness

Happiness」は、2007年9月5日に発売された、の20thシングルである。


目次

  1. 概説
  2. 楽曲一覧
  3. 外部サイト

概説

  • 前作「We can make it!」から約4か月ぶりのシングルである。
  • 初回限定盤・通常盤の2形態で発売された。
  • 初回限定盤のみ、C/W「Snowflake」が収録されている。
  • 通常盤のみ、「Happiness」「Still...」のオリジナル・カラオケが収録されている。

  • スポンサーリンク


    楽曲一覧

    1. Happiness[04:17]

    作詞:Wonderland/作曲:岡田実音/編曲:北川吟

     二宮和也櫻井翔主演ドラマ「山田太郎ものがたり」主題歌、及び、自身出演「JAL」CMソング。「走り出せ 走り出せ 明日を迎えに行こう」といった前向きな歌詞が魅力の楽曲で、前奏の「Yeah yeah yeah…」がリスナーのボルテージを上げる役割を担っている。日本テレビの長時間音楽番組(THE MUSIC DAY等)では、番組連動データ放送を使った企画に使われており、NHK紅白歌合戦では、2009年・2016年・2018年・2020年にこの曲が披露されている。また、日本の高校野球においては、応援歌の吹奏楽演奏として親しまれており、名実共に嵐の代表曲として世間に広く認知されている。「どんなに小さなつぼみでも、一つだけのHappinessなんだ」と教えてくれる、聴くだけで幸せになれる朗らかな国民的応援歌である。個人的には、前奏の西川進のエレキギターと、後奏の種子田健のベースが好きである。


    スポンサーリンク


    1. Still...[04:18]

    作詞・作曲:多田慎也/Rap詞:櫻井翔/編曲:NAOKI-T

     自身主演バラエティー番組「まごまご嵐」「GRA」ED曲。「君」との別れを描いたバラードで、NAOKI-Tによる儚さを強調したサウンドが、多田慎也の作り出した切ない世界観をより強固にしている。ただ、櫻井翔によるRap詞では、「ただ 僕はなおあなたに逢いたい」と寂しさを綴りつつも、「君は君 夢 でっかく描いて 僕はここから成功を願ってる」「これは別れではない 出逢いたちとのまた新たな始まり」「いつか笑ってまた再会 そう絶対」と、主人公が「君」と離れた現実を受け入れて、前向きに歩き出したことが示されている。切なさの中に前向きな想いが込められた、胸がきゅっと締め付けられる楽曲である。

     個人的には、切なさ満載の前奏と、サクラップや後奏で聴こえるシンセサウンドが好きである。尚、この曲は、アラフェスの楽曲ランキング・カップリング部門で2年(2012年・2013年)連続1位を記録した。また、3rdベストアルバム「5×10 All the BEST! 1999-2009」Disc3にも収録された。


    1. Snowflake[03:37]

    作詞:小川貴史/作曲・編曲:HYDRANT

     初回限定盤収録楽曲。雪が降る冬の街を舞台にした楽曲で、離れた「君」との思い出をSnowflake(雪片・雪の結晶)に例えている。終わった淡い恋を切ない音色で彩ったバラードである。個人的には、切なさ満載の前奏と、山口岩男演奏による間奏のウクレレが好きである(ウクレレ演奏に関しては山口氏のサイト 参照)。


    スポンサーリンク


    外部サイト

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    サイト内検索

    このHPは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    また、編曲クレジットのある音楽番組の披露楽曲情報もまとめています。

    全ての情報をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    カテゴリー


    Twitter