Everything(嵐)- Utapedia

Everything

Everything」は、2009年7月1日に発売された、の27thシングルである。


目次

  1. 概説
  2. 楽曲一覧
  3. 外部サイト

概説

  • 前作「明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」から約2か月ぶりのシングルである。
  • 本作発売直後にリリースされた3rdベストアルバム「All the BEST! 1999-2009」には収録されていない(2010年発売の9thアルバム「僕の見ている風景」に収録されている)。
  • 初回限定盤と通常盤の2形態で発売された。
  • 通常盤には収録曲のオリジナル・カラオケが収録されている。
  • 収録曲2曲ともに、au by KDDI・CMソングのタイアップがついている。

  • スポンサーリンク


    楽曲一覧

    1. Everything[04:01]

    作詞:100+/作曲:浅利進吾/編曲:ISB

     自身出演のau by KDDI「去年と違う夏。」CMソング。西川進のギターや弦一徹ストリングスの弦楽器が特徴的で、夕立の中を一人で走る主人公を的確に表現している。また、Aメロの最初には、「通り雨が近づく 街の匂い」「雨上がりの窓から 見える夕暮れの向日葵」と、具体的な情景描写がなされており、聴いた瞬間から曲の世界観を明瞭に想像できるようになっている。戻ることの出来ない旅の途中を、明日を信じてひたすら走る姿を描いた、夕立の後の陽射しのように爽やかな楽曲である。個人的には、前奏の西川氏のアコースティックギターと、最後のピアノサウンドが好きである(ミュージシャンクレジットは、9thアルバム「僕の見ている風景」のページを参照して下さい)。


    1. season[04:39]

    作詞・作曲:youth case/編曲:石塚知生

     自身出演のau by KDDI「もしも僕らが、嵐でなかったら。」CMソング。2009年2月7日よりau先行で配信された配信限定曲で、本作でCD初収録となった。ピアノやストリングスの柔らかい音色が特徴的で、「頬なでる風」「咲いた名もない花」「春色の風薫る頃」等の言葉もあって、草木が萌える春の景色を彷彿とさせる。サビの「いつでも いつまでも」の語呂も良く、作詞・作曲のyouth caseのセンスの良さが窺える。大切な人との思い出を抱きしめて歩き出す姿を描いた、旅立ちの季節に聴きたいミディアムナンバーである。

     個人的には、Bメロ直前等で流れる和楽器の音(恐らく琴)の音色が好きである。尚、この曲は、オリコン調査の「卒業ソングランキング2013」で9位にランクインした。また、題名の「season」は、4thアルバム「いざッ、Now」の題名の候補でもあった。更に、クレジットにはないが、曲中のストリングスは弦一徹ストリングスが演奏した(弦一徹のサイト より)。


    スポンサーリンク


    外部サイト

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    サイト内検索

    このHPは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    また、編曲クレジットのある音楽番組の披露楽曲情報もまとめています。

    全ての情報をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    カテゴリー


    Twitter