Power of the Paradise(嵐)- Utapedia

Power of the Paradise

Power of the Paradise」は、2016年9月14日に発売された、の50thシングルである。


目次

  1. 概説
  2. 楽曲一覧
  3. 外部サイト

概説

  • 前作「I seek/Daylight」から約4か月ぶりのシングルである。
  • 初回限定盤・通常盤の2形態で発売された。
  • 通常盤のみ、C/W「」とオリジナル・カラオケ2曲、シークレットトークが収録されている。

  • スポンサーリンク


    楽曲一覧

    1. Power of the Paradise[04:38]

    作詞:paddy/作曲:nobby/編曲:ha-j

     日本テレビ系「リオデジャネイロオリンピック2016」テーマ曲。嵐の五輪曲を多数手掛けるha-j が編曲を務めた。2016年から続いていたアーバンな楽曲群と一線を画す壮大なサウンドが印象的で、途中(Bメロ)にはスポーツ応援に必須の「ニッポンチャチャチャ」を思わせるリズムが入っている(Real Sound より)。4年に一度のアスリートの祭典へ向けた、力強くて優しく、全ての人達をポジティブに包み込むメッセージソングである。

     個人的には、奥田健治演奏のガットギターが織り成すラテンサウンドと、韻を踏んだ「Fly Fly Fly」「Try Try Try」「Cry Cry Cry」「暗い暗い暗い」が好きである。また、撞着語法(互いに矛盾した表現を並べる表現)を思わせるDメロの「うるさいほどの静寂」も好きで、「五輪会場で観客が騒ぐ中でも、その声は選手自身には全く聞こえず、選手はただただ己の練習成果を出し切るために集中している。その様は、選手の周りを誰も入り込めない静寂が包んでいるかのようだ」と読み取った。尚、制作者の名前は、全て小文字のアルファベットとなっている。


    スポンサーリンク


    1. [05:02]

    作詞:小川貴史/作曲:Justin Reinsten・wonder note/編曲:佐々木博史

     通常盤収録楽曲。静かに吹く風を思わせるストリングスが印象的で、2番Aメロのアコースティックギターが「ひらり花びらがおちる」様子を表しているように聴こえる。花が散る秋の気配を感じつつ、そっと笑顔が咲くような温かさや優しさも感じられる楽曲である。個人的には、大野智が歌うラスサビの「まだ この道の先へ」が好きである。尚、この曲のオリジナル・カラオケの後にシークレットトークが収録されている。


    スポンサーリンク


    外部サイト

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    サイト内検索

    このHPは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    また、編曲クレジットのある音楽番組の披露楽曲情報もまとめています。

    全ての情報をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    カテゴリー


    Twitter