YELL/じょいふる(いきものがかり)- Utapedia

YELL/じょいふる
-YELL/Joyful-

YELL/じょいふる」は、2009年9月23日に発売された、いきものがかりの15thシングルである。


目次

-Contents-
  1. 概説
  2. 楽曲一覧
  3. 外部サイト

概説
-Overview-

  • 前作「ホタルノヒカリ」から約2か月ぶりのシングルである。
  • 6thシングル「夏空グラフィティ/青春ライン」以来の両A面シングルである。
  • オリコンデイリーシングルチャートにて、シングルでは自身初の1位を獲得。週間シングルチャートでも自己最高順位の2位を記録した。初動・累計売上は、従来の最高だった10thシングル「ブルーバード」を上回り、シングルでは自身初の10万枚を突破。現在は、18thシングル「ありがとう」に次ぐ記録となり、記録的にも記憶的にもいきものがかりの代表曲となった。
  • 収録曲「YELL」は、第42回日本有線大賞・有線音楽優秀賞と、第51回日本レコード大賞・優秀作品賞を受賞した。
  • 収録曲2曲を作詞・作曲した水野は、対照的な2曲を共存させられたことが不思議だと語り、その2曲を歌い切ったヴォーカル・吉岡の声の凄さを再評価した(朝日新聞DIGITAL   より)。

  • スポンサーリンク


    楽曲一覧
    -Songlist-

    1. YELL[05:55]

    作詞・作曲:水野良樹/編曲:松任谷正隆

    • Sound Produced by 松任谷正隆
    • Drums & Percussion:河村“カースケ”智康
    • E.Bass:美久月千晴
    • E. & A.Guitar:鳥山雄司
    • Keyboards & Programming:松任谷正隆
    • Strings:阿部雅士ストリングス
    • Princial, Cello:阿部雅士
    • Violin:栄田嘉彦・村田幸謙・栄田緑・中嶋弦一郎・矢野晴子・小倉達夫・大林典代・金原千恵子・伊藤佳奈子・浜野考史
    • Viola:渡部安見子・古川原裕仁
    • Cello:松葉春樹

     第76回NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の課題曲。シンガーソングライター・松任谷由実の夫である音楽プロデューサー・松任谷正隆がサウンドプロデュースと編曲を務めた。「“わたし” は今 どこに在るの」と自問する歌詞から始まる楽曲で、自我が芽生えた主人公の悩みや迷いを悲しげなメロディーとサウンドで描いている。サビの「サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL」が極めて印象的で、「別れは成長のための前向きなものだ」と聴く人に伝えているように感じる。独りで未来(つぎ)の空へ飛び立つ人に優しくYELLを与えてくれる、自身の代表曲と言える感涙のバラードである。

     尚、2番サビ後のCメロでは、水野と山下もヴォーカルとして歌唱に参加している。また、ミュージシャンクレジットでは、「Strings:阿部雅士ストリングス」が「阿部雅史ストリングス」と誤表記されている(後発の作品でも、一部では誤表記のままとなっている)。

     この楽曲は、前述のサビのフレーズや歌詞全体の内容から、「SAKURA」「ありがとう」「歩いていこう」と同様に卒業ソングとして親しまれている(オリコン調査の「卒業ソングランキング」では、2010年に10位、2011年に6位、2012年に2位を獲得した)。また、1stベストアルバム発売日の2010年11月3日からは、小田急小田原線本厚木駅の接近メロディーとして使用されている。

     ちなみに、2016年の水野の著書『いきものがたり』によると、当初NHKは「元気なアップテンポの曲」を要望していた。だが、作詞・作曲の水野は、制作時に15歳の頃の深く思い悩んでいた自分を思い返し、先方のリクエスト楽曲とは別にもう1曲制作。その曲が「YELL」で、最終的には「YELL」が課題曲に採用された。また、合唱曲の編曲は、作曲家・ピアニスト・指揮者の鷹羽弘晃が担当。いきものがかりの楽曲としてリリースする際に、2番Bメロ・サビの追加とト短調→ニ短調の変更が施された(合唱付きヴァージョンは、前作「ノスタルジア」に収録されている)。


    スポンサーリンク


    1. じょいふる[03:15]

    作詞・作曲:水野良樹/編曲:田中ユウスケ近藤隆史

     江崎グリコ「ポッキー」CMソング。先方からの依頼により制作された。ひらがな・カタカナ・アルファベットで占められた楽曲で、漢字が持つ堅苦しさを全く感じないポップな楽曲となっている。本間将人ホーンズのブラスと藤井謙二のエレキ & アコースティックギター、主張的に鳴るタンバリン等々、楽器の音色が明るく爽快。サビ直前の「とぅ たいっ! たいっ! たいっ!」がキャッチーで、サビの「JOYとJOYとJOYとPOPなベイベー」もリズミカルで非常に覚えやすい。従来のいきものがかりと良い意味で大きくかけ離れた、喜び・楽しみに満ち溢れた史上最高のアッパーチューンである。尚、シングル表題曲の中で最も短い楽曲である。

     個人的には、前述の音色やフレーズの他、曲中で登場する半濁音フレーズ(「ぱぴぷぺぽバブぅ~」「ぴぷぺぽ ぱぴぷぺ」)が好きである。尚、作詞・作曲を務めた水野は、2016年の自著『いきものがたり』にて、「制作当時、いきものがかりのイメージをぐらりと揺らすような楽曲が書きたかった」と述懐。「歌に思いを込めるのは、作り手ではなく聴き手だ」という考えから、歌詞に意味を求めるのではなく、歌詞の「音」としての面白さに焦点を当てたと述べた。また、同時期に似たようなテイストの楽曲「ぱぱぱ~や」を制作した。


    スポンサーリンク


    外部サイト
    -External Site-

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    サイト内検索
    -Search-

    このHPは
    -This HP is-

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    また、編曲クレジットのある音楽番組の披露楽曲情報もまとめています。

    全ての情報をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    カテゴリー
    -Category-


    Twitter
    -Twitter-