Kanata Okajima - Utapedia

Kanata Okajima

誤りの可能性があるので、必ず他のサイトと比較して下さい


岡嶋かな多(おかじま・かなた)(1984.07.07~)は、日本・青森県出身の作詞家・作曲家・編曲家・音楽プロデューサー・ヴォーカルプロデューサーである。クレジット名はKanata Okajima


  1. 概説
  2. 特徴・豆知識
  3. 提供作品
  4. 演奏作品
  5. 共作作家
  6. ドラゴンリズム披露楽曲
  7. Mステ披露楽曲
  8. 外部サイト・SNS

概説

  • 2000年、音楽活動を本格的に開始。日中友好大使として、中国・桂林でライブを行う。
  • 2006年、Soweluの12thシングル「to YOU」で作詞家デビューを果たす。
  • 2007年、バンド・Acushlaを結成、ヴォーカルを務める。
  • 2013年、Achshla解散。
  • 2013年、スウェーデンの大手音楽事務所・Roasting Houseと契約し、活動拠点をスウェーデンに移す(現在は日本に帰国)。
  • 2014年、シェネルの2ndシングル「Happiness」を作詞。ドラマ主題歌としてヒットし、下半期に最も検索された歌詞となる。
  • 2014年、2013年に作曲で参加した少女時代の日本3rdアルバム「LOVE&PEACE」が、第28回日本ゴールドディスク大賞・ベスト3アルバムアジア部門を受賞する。
  • 2017年、三浦大知の21stシングル「EXCITE」を作詞・作曲。日本レコード大賞優秀作品賞を受賞する。
  • 2017年、BTSの日本8thシングル「Crystal Snow」を作詞・作曲。世界17か国で1位、収録されたアルバムも世界的ヒットを遂げる。
  • 2018年、安室奈美恵の6thベストアルバム「Finally」で、15曲のボーカルディレクションを担当。ダブルミリオンを達成する。
  • 2019年、三浦春馬の1stシングル「Fight for your heart」を作詞。ドラマ主題歌として話題となる。
  • 2019年、作詞・作曲で参加したBABYMETALの3rdアルバム「METAL GALAXY」が、アメリカのビルボードチャートで13位を獲得。Billboard ROCKアルバムチャートでは、日本人アーティスト初の1位を記録する。
  • 2020年、前述の「METAL GALAXY」が、MTV Video Music Awards Japan 2020のBest Album of the Yearを受賞する。
  • 2020年、Snow Manの2ndシングル「KISSIN' MY LIPS」を作詞。ミリオンセラーを達成する。
  • 2020年、作詞・作曲・ボーカルディレクションで参加した、三浦春馬の2ndシングル「Night Diver」が、プラチナディスクに認定される。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    特徴・豆知識

  • 嵐やKing & Prince等のジャニーズグループの他、安室奈美恵、西野カナ、三浦大知、三浦春馬、和田アキ子、BTS、EXILE、TWICE等々、多数のアーティストやプロジェクトに楽曲提供をしている。
  • 作詞・作曲の他、米国育ちの経験を活かして、英訳・英詞・ラップ・ヴォーカルディレクションも行っている。
  • フリーランスで、MUSIC FOR MUSIC・Soundgraphicsと業務提携を結んでいる。
  • 自他共に認めるワーカホリックで、現在の仕事を天職だと思っている。
  • 3~8歳を米国で過ごし、日本に帰国後は価値観の違いで周囲に馴染めず、自信のない日々を送っていた。だが、中学1年生の7月、期末試験終わりに行ったカラオケで、素人離れした歌唱力を友人に喜ばれたことを機に、「音楽でなら世の中の役に立てる、必要とされるかもしれない」と思い、音楽業界に志した。
  • 米国で過ごした幼少期に、大人からの卑劣な犯罪行為を幾度も受けた経験がある。そのためか、歌唱力を褒められ人前で歌うようになるまで、危険なほどに自己肯定感が低かった。
  • 活動開始当初は、シンガーソングライターを目指してオーディションを受けていたが、ある作曲家の勧めで、裏方として歌唱・作詞をするようになった。
  • 18歳の頃から6年間、渋谷の駅前交差点に面したTSUTAYAでアルバイトをしていた。当時、スタッフ割引きでCDを借りられる特典があり、これを活用して邦楽、洋楽問わず約1000枚以上のCDを借りて聴いた。
  • 作詞家デビュー当時は渋谷でアルバイトをしており、出勤時にスクランブル交差点のビジョンで提供楽曲のMVが流れた際は、人目を憚らずに号泣した。
  • 人と話すことが大好きで、様々な人との会話で出た一言や印象深いエピソードを曲作りのヒントやテーマにしている。
  • 時間が許せば海外に行き、流れる曲や現地の嗜好を観察し情報収集している。
  • 韓国語の訳詞は、翻訳者の役を受けたり翻訳ツールを使ったりしながら作る。ただ、独特の節回しや韓国語特有の可愛さは残し、大事と思う部分は抜き出して語感を損なわないようにする等、時間をかけて工夫を凝らしている。
  • 最終学歴は中卒で、高校へは行かず、ビクター音楽カレッジ(2014年3月閉校)に通った。そのため、人間観察や会話等、人を通して勉強してきた(alternaインタビュー記事   より)。
  • 2018年、PRプランナーの澤田知之(サワディー)と結婚する。
  • 2020年、男児を出産する。
  • 夫の澤田曰く、集中する姿はスーパーサイヤ人並みである。
  • (参考:Donami 働く女性インタビュー KARTE CX VOX 放送内容 PRESIDENT Online


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    提供作品

    ※ 共作は★

    Sexy Zone

    KAT-TUN

    • 「ツイテオイデ」[作詞]

    Hey! Say! JUMP

    • 「Magic Power」[作詞]

    Kis-My-Ft2

    • 「Toxxxic」[作詞・作曲/★]

    ジャニーズWEST

    King & Prince

    安室奈美恵

    • 「Big Boys Cry」[作詞/★]

    家入レオ

    • 「未完成」[作詞・作曲/★]

    西野カナ

    • 「We're the miracles」[作詞・作曲/★]

    三浦春馬

    • 「ONE」[作詞・共作曲]

    Little Glee Monster

    • 「だから、ひとりじゃない」[作詞/★]

    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    演奏作品

    ※ 特記以外Vocal Direction/ブックレット明記に限る

    Sexy Zone

    安室奈美恵

    • 「Chase the Chance」
    • 「Don't wanna cry」
    • 「You're my sunshine」
    • 「SWEET 19 BLUES」
    • 「CAN YOU CELEBRATE?」
    • 「How to be a Girl」
    • 「RESPECT the POWER OF LOVE」
    • 「CAN'T SLEEP CAN'T EAT, I'M SICK」
    • 「NEW LOCK」
    • 「Dr.」
    • 「Fight Together」
    • 「Sit! Stay! Wait! Down!」

    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    共作作家


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    ドラゴンリズム披露楽曲

    ※ 特記以外は作詞/共作は★/詳細は該当ページ参照

    1. JUICY LOVE」[作詞・作曲/共作曲](Happiness)
    2. たいようの哀悼歌(エレジー)」[作曲/★](Flower)
    3. Happiness」[★](シェネル)
    4. Message」(BoA)
    5. Shout It Out」[作曲/★](BoA)
    6. Lookbook」(BoA)
    7. 何度でも」[★](Crystal Kay)
    8. Someday We'll Know」[作詞・作曲/★](FAKY)
    9. だから、ひとりじゃない」[★](Little Glee Monster)

    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    Mステ披露楽曲


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    外部サイト・SNS

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    最初へ戻る


    サイト内検索

    Utapediaとは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    全ての作家・演奏者・楽曲をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

    特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    スポンサーリンク


    カテゴリー


    スポンサーリンク


    Twitter