がむしゃら行進曲(関ジャニ∞)- Utapedia

がむしゃら行進曲
-Gamushara Koshinkyoku-

がむしゃら行進曲」は、2014年12月3日に発売された、関ジャニ∞の31stシングルである。


目次

-Contents-
  1. 概説
  2. 楽曲一覧
  3. 外部サイト

概説
-Overview-

  • 前作「言ったじゃないか/CloveR」から約2か月ぶりのシングルである。
  • 初回限定盤・通常盤の2形態で発売された。
  • 通常盤には、C/W「Cannonball」とシークレットトークが収録されている。

  • スポンサーリンク


    楽曲一覧
    -Songlist-

    1. がむしゃら行進曲[04:16]

    作詞・作曲・編曲:Peach/管編曲:YOKAN

     丸山隆平主演ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」主題歌。バンドサウンドにブラスとストリングスを加えた楽曲で、サビの「がむしゃらラララ」や「へっちゃらラララ」等、明るいフレーズが散見される。また、タイアップが学校を舞台としたドラマであるためか、サビの「Wow oh Wow oh Wow wow wow oh...」がチャイムのメロディーとなっている。弾ける歌詞とサウンドが魅力的な、愉快・痛快・爽快ながむしゃらポジティブソングである。

     個人的には、曲中で何度も鳴るホイッスルと、作詞・作曲・編曲のPeachが演奏する間奏のエレキギターが好きである。また、この曲は、管理者が関ジャニ∞を好きになるきっかけの楽曲でもある(8thアルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」収録のこの曲を聴き、ポジティブな歌詞と力強いバンドサウンドに感銘を受けた)(ミュージシャンクレジットは、8thアルバムのページを参照して下さい)。


    スポンサーリンク


    1. 次の春です。[04:00]

    作詞:SAKRA・平義隆/作曲:SAKRA/編曲:山路一志

     共通カップリング曲。単身で上京した主人公が、未来に迷った時に出逢った「君」に届くように、ヘタクソで不器用なラブソングを歌う楽曲である。春の訪れを感じさせる優しい歌詞・メロディー・サウンドが特徴的である。個人的には、2番Aメロ→間奏→2番Bメロの構図が、従来の構図に若干の変化を与えていて好きである。


    1. Cannonball[03:32]

    作詞:TAKESHI/作曲:川口進Joakim BjornbergChristofer ErixonAtsushi Shimada/編曲:Atsushi Shimada

     通常盤収録楽曲。牙を剥くようなサビのエレキギターが痛快な、極めて濃厚なエロティックナンバーである。個人的には、TAKESHIが手掛けた押韻の歌詞(「寂しがりgirly その瞳(め)にmany」「またよがりgirly 金縛りbody」「熱い魂(1番サビ)」「キスを焦らし(2番サビ)」)と、Cメロの「嘘つかないって嘘」の表現が好きである。尚、題名の「Cannonball」は、「非常に速く威力のあるテニスのサーブ(弾丸サーブ)」の他、「砲弾」「砲丸」「特急列車」等を意味する。


    スポンサーリンク


    外部サイト
    -External Site-

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    サイト内検索
    -Search-

    このHPは
    -This HP is-

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    また、編曲クレジットのある音楽番組の披露楽曲情報もまとめています。

    全ての情報をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    カテゴリー
    -Category-


    Twitter
    -Twitter-