船山基紀

誤りの可能性があるので、必ず他のサイトと比較して下さい

スポンサーリンク


船山基紀(ふなやま・もとき)(1951.01.13~)は、日本・東京都出身の編曲家・作曲家・音楽プロデューサー・キーボーディストである。


  1. 概説
  2. 特徴・豆知識
  3. 提供作品
  4. 演奏作品
  5. ドラゴンリズム披露楽曲
  6. Mステ披露楽曲
  7. 外部サイト・SNS

スポンサーリンク


概説

  • 1951年、東京目黒区に生まれる。幼少期から譜面と地図が大好きで、中野区立谷戸小学校在学時には、音楽部鼓笛隊で大太鼓を担当した。
  • 中学生の時、交響曲の総譜を読み始める(本人曰く「譜面オタク」)。
  • 早稲田大学高等学院から、早稲田大学政治経済学部経済学科に進学。大学時代はハイソサエティ・オーケストラ部に所属し、アルトサックス奏者として活動し、2年生で統率者のコンサートマスターに抜擢される(管楽器ばかりの響きが武骨だと感じ、早大交響楽団の弦楽器群への憧れもあって退部した)。また、3年生の時にアルバイトで始めた、ヤマハ音楽振興会でのポピュラーソングコンテストの仕事で編曲の基礎を学ぶ。その後、大学を中退する。
  • 1974年、フリーの作曲家・編曲家として活動を開始する。
  • 1975年、中島みゆきのデビューシングル「アザミ嬢のララバイ」で編曲家デビューする。
  • 1977年、沢田研二の19thシングル「勝手にしやがれ」を編曲。第19回日本レコード大賞を受賞する。
  • 1981~1983年、アメリカ・ロサンゼルスに音楽活動の拠点を置く。そこで出会った最新鋭のデジタル・シンセサイザー「Fairlight CMI」を日本に導入する。コンピューターと従来のスタジオミュージシャンによる演奏等をミックスさせた新しいスタイルのサウンドで、C-C-B、中山美穂、小泉今日子、松本伊代、Wink、荻野目洋子、森川由加里等、80年代アイドルの全盛期を築く。特に、作曲家・筒美京平の楽曲の編曲を最も多く手掛け、日本レコード大賞等の数々の賞を受賞した。
  • 1980年代から、ジャニーズグループの楽曲の編曲を数多く担当。田原俊彦、少年隊、近藤真彦、TOKIO、SMAP、KinKi Kids、V6、光GENJI、KAT-TUN、NEWS、タッキー&翼、嵐、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、A.B.C-Z、関ジャニ∞、King & Prince等、歴代のジャニーズグループの楽曲を多数編曲した。舞台では、滝沢秀明の「滝沢革命」、堂本光一の「Shock」、少年隊の「Playzone」等の音楽制作も担当。
  • 1990年、マニピュレーター・助川宏、レコーディングエンジニア・中村三郎と共に、株式会社グリオを設立する(グリオHP沿革   より)。
  • 1990年以降、アニメソングやCMソング、ミュージカル等の舞台音楽制作を手掛ける。また、ディズニーのオフィシャルアレンジャーとして、オーケストラ編成のインストゥルメンタルアルバムの編曲や、ディズニー後任アルバム「ブラバン・ディズニー」の全曲プロデュースを手掛ける。
  • 1992年、音楽座ミュージカル「アイ・ラブ・坊っちゃん」の作曲・編曲を担当する。
  • 1994年、前述の作曲・編曲で、第1回読売演劇大賞を受賞する。
  • 2000年、資生堂ラジオCM「TAPHY」で、ACC(全日本CM広告連盟)作曲賞を受賞する。
  • 2012年、石原裕次郎の曲をカバーした舘ひろしのアルバム「舘ひろし sings 石原裕次郎」の全曲を編曲。第54回日本レコード大賞企画賞を受賞する。
  • 2015年、近藤真彦の35周年記念アルバムの編曲を手掛ける。
  • 2019年時点で、編曲作品は2700曲を超えており(実際は約3000曲だが、うち300曲は諸事情で没となっている)、歴代編曲家シングル総売上は、小室哲哉に次ぐ2位である。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    特徴・豆知識

  • 編曲の特徴として、生音を多数使用した豪華な編曲が挙げられる。ドラム、ベース、ギター、ピアノ、ブラス、ストリングス等々、殆どが増崎孝司をはじめとした熟練のスタジオミュージシャンの演奏で構成されている。
  • 昭和歌謡を思わせる編曲も特徴的である。
  • 本間昭光安部潤等、多数の編曲家に影響を与える。
  • 2020年12月16日に、自身の代表曲をまとめたコンピレーションCD BOX「船山基紀 サウンド・ストーリー 時代のイントロダクション  」を発売した。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    提供作品

    ※ 特記以外は全て編曲

    渡り廊下走り隊

    関ジャニ∞

    • 「二人の涙雨」
    • 「My Last Train」

    Sexy Zone

    • 「Ladyダイヤモンド」
    • 「この手をつなごう」
    • 「シーサイド・ラブ」
    • 「カラフルEyes」
    • 「Love Confusion」
    • Miss Mysterious
    • 「君だけFOREVER」[共作]
    • 「最後の笑顔」
    • カラクリだらけのテンダネス
    • 「Show must go on」[共作]

    SMAP

    • 「Can't Stop!! -LOVING-」
    • 「笑顔のゲンキ」

    TOKIO

    • 「AMBITIOUS JAPAN!」
    • 「明日を目指して!」[共作]
    • 「宙船(そらふね)」

    タッキー&翼

    • 「True Heart」
    • 「epilogue」

    テゴマス

    • 「猫中毒」

    Hey! Say! JUMP

    • 「冒険ライダー」
    • 「情熱JUMP」
    • 「Thank You~僕たちから君へ~」
    • 「OVER」
    • 「ChikuTaku」

    ジャニーズWEST

    • 「SAKURA~旅立ちのうた~」
    • 「KIZUNA」
    • 「Parade!!」

    King & Prince


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    演奏作品

    ※ ブックレット明記に限る

    渡り廊下走り隊

    Sexy Zone

    King & Prince


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    ドラゴンリズム披露楽曲

    ※ 特記以外は編曲/詳細は該当ページを参照


      スポンサーリンク


      最初へ戻る


      Mステ披露楽曲


      スポンサーリンク


      最初へ戻る


      外部サイト・SNS

      ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


      最初へ戻る


      サイト内検索

      Utapediaとは

      本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

      全ての作家・演奏者・楽曲をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

      他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

      特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

      自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


      スポンサーリンク


      カテゴリー


      スポンサーリンク


      Twitter