Sexy Zone 5th Anniversary Best(Sexy Zone)- Utapedia

Sexy Zone

Sexy Zone 5th Anniversary Best

Sexy Zone 5th Anniversary Best」は、2016年11月16日に発売された、Sexy Zoneの1stベストアルバムである。


  1. 概説・豆知識
  2. 楽曲一覧
    1. Disc1
    2. Disc2
  3. 外部サイト

概説・豆知識

  • 4thアルバム「Welcome to Sexy Zone」から約9か月ぶりのアルバムで、自身初のベストアルバムである。
  • シングル表題曲13曲の他、メンバー5人が作詞を務めた新曲「STAGE」が収録されている。
  • Disc2には、Sexy Zone全楽曲からメンバーがセレクトした10曲が収録されている。
  • 初回限定盤A・B・通常盤の3形態で発売された。
  • 初回限定盤Bには、Summer Paradise 2016で披露したメンバーソロ楽曲が、ボーナストラックとしてDisc2に収録されている。
  • 通常盤には、通常仕様と5th Anniversaryスペシャルプライス仕様がある。5th Anniversaryスペシャルプライス仕様は2016年12月末までの期間限定出荷で、税抜2315円の割安価格となっている(2017年1月以降は、税抜3000円の通常仕様が出荷された)。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    楽曲一覧

    ※ 楽曲解説は新曲に限る

    Disc1

    1. Sexy Zone[05:07]

    作詞:Satomi/作曲:馬飼野康二/編曲:CHOKKAKU

     2011年11月16日に発売された1stシングル。


    1. Ladyダイヤモンド[04:54]

    作詞:松井五郎/作曲:馬飼野康二/編曲:船山基紀

     2012年4月11日に発売された2ndシングル。


    1. Sexy Summerに雪が降る[04:28]

    作詞:三浦徳子/作曲:Janne Hyöty・Martin Granö/編曲:鈴木Daichi秀行

     2012年10月3日に発売された3rdシングル。


    1. Real Sexy![04:18]

    作詞:松井五郎/作曲:馬飼野康二/編曲:立山秋航

     2013年5月1日に発売された4thシングルの1曲目。


    1. BAD BOYS[04:25]

    作詞:ENA☆/作曲:DAICHI・kinboom/編曲:生田真心

     2013年5月1日に発売された4thシングルの2曲目。


    1. バィバィDuバィ~See you again~[04:11]

    作詞:Komei Kobayashi/作曲:ニホンジン・bansei./編曲:鈴木Daichi秀行

     2013年10月9日に発売された5thシングルの1曲目。


    1. A MY GIRL FRIEND[04:41]

    作詞:野島伸司/作曲:谷口尚久/編曲:生田真心

     2013年10月9日に発売された5thシングルの2曲目。


    スポンサーリンク


    1. King & Queen & Joker[04:24]

    作詞:三浦徳子/作曲:川口進Joakim BjornbergChristofer Erixon/編曲:生田真心

     2014年5月14日に発売された6thシングル(詳細は当該ページを参照して下さい)。


    1. 男 never give up[04:55]

    作詞:三浦徳子/作曲:川口進Joakim BjornbergChristofer Erixon/編曲:生田真心

     2014年10月1日に発売された7thシングル。


    1. 君にHITOMEBORE[04:54]

    作詞:岩里祐穂/作曲:井手コウジ/編曲:鈴木雅也

     2014年11月19日に発売された8thシングル。


    1. Cha-Cha-Cha チャンピオン[04:32]

    作詞:岩里祐穂/作曲:Fredrik“Figge”Bostrom/編曲:石塚知生

     2015年7月1日に発売された9thシングル。


    1. カラフルEyes[03:56]

    作詞:久保田洋司/作曲:Andreas Ohrn・Henrik Smith・Andreas Oberg/編曲:船山基紀

     2015年12月16日に発売された10thシングル。


    1. 勝利の日まで[04:19]

    作詞:MiNE・春和文/作曲:Jan Andersson・Peter Heden/編曲:立山秋航

     2016年5月3日に発売された11thシングル(詳細は当該ページを参照して下さい)。


    スポンサーリンク


    1. STAGE[05:21]

    作詞:Sexy Zone/作曲:イワツボコーダイ/編曲:石塚知生

     新曲。Sexy Zoneの5人が歌詞を共作し、「デビューからの5年間の想いとこれからの未来」というテーマで等身大の声を届ける楽曲である。琴線に触れるピアノ・ブラス・ストリングスが特徴的で、サイリウムで5色に染められた客席を見た5人が、STAGE上で5年間の素直な気持ちを歌う曲となっている。歌詞には「この地球(ほし)を」や「赤い薔薇」等、デビュー曲「Sexy Zone」を思わせる単語も登場しており、Disc1のシングル表題曲13曲を聴いた上で聴くと、紆余曲折を経て5人で5周年を迎えられたことへの喜びを感じることができる。「これからも5人で時代を創ろう」という5人の決意が込められた、Sexy Zoneの次章の幕開けに相応しいアニバーサリーソングである。また、この楽曲は、2ndベストアルバム「SZ10TH」Disc3にも収録された。

     尚、題名「STAGE」の「S」は、Sexy Zoneを象徴する赤で表記されており、左上に僅かな角があって「5」に見えるようになっている(そのためか、本作のブックレットのフォントがゴシック体であるのに対し、この曲の題名のみ明朝体となっている)。これを踏まえると、題名「STAGE」は「5TAGE(5人の日々)」となり(「TAGE」はドイツ語で「日々」を意味する)、「一時3人体制の苦境を味わったけど、それでもSexy Zoneは5人だよ」という隠れたメッセージが表れるようになっている。個人的には、歌詞・メロディー・サウンドの良さもさることながら、題名の細部にまでこだわるSexy Zoneの曲に対する姿勢に非常に好感を抱いた。


    スポンサーリンク


    Disc2

    ※ 15~19は初回限定盤Bのみ収録
    1. Hey!! Summer Honey[04:52]

    作詞・作曲:中島健人/編曲:tasuku

     中島健人のソロ楽曲。自身が作詞・作曲を務めた。グルーヴィーなエレキギターのカッティング主体の打ち込みサウンド楽曲で、Summer Honeyこと「キミ」と送る真夏の恋の様子を描いている。歌詞は全編英単語混じりのラップ調で、1番Aメロや大サビ後のDメロは滑らかなラップとなっている。また、サビには「Sha la la…」という擬音があり、太陽より眩しいキミの煌めきがより一層伝わってくるようになっている。中島との秘密の恋を咲かせているような気分になれる、中島の魅力満載のクールサマーソングである。

     個人的には、前述した大サビ後のDメロのラップが好きである。また、本作収録の新曲の中で、個人的に最も好きな楽曲である。尚、クレジットにはないが、ギター演奏及びプログラミングは、編曲のtasukuが務めた(所属事務所公式サイト より)。


    1. Break out my shell[04:25]

    作詞:zopp/作曲:川口進Joakim BjornbergChristofer Erixon/編曲:Joakim Bjonrberg・佐原康太

     松島聡のソロ楽曲(自身初のCD収録ソロ楽曲である)。松島の臆病かつ不安な胸中を代弁するような歌詞が特徴で、そんな自分を自身の手で変えようという題名(英語で「自分の殻を破れ」の意味)通りの楽曲となっている。「土壇場でも自分を信じて、自分の力で未来を作ろう」と固く誓う、松島の静かな闘志が窺える楽曲である。個人的には、自身を鼓舞する歌詞が好きだが、特に2番サビの「幸運も 才能も 二の次」が好きである。尚、ジャニーズ楽曲の作曲を務めるJoakim Björnbergは、この楽曲では作曲のみならず編曲も務めた。


    1. Welcome to the paradise[04:09]

    作詞:Komei Kobayashi/作曲:馬飼野康二/編曲:生田真心

     マリウス葉のソロ楽曲。デビュー曲「Sexy Zone」を手掛けた馬飼野康二が作曲を務めた。編曲・生田真心の特長であるブラスサウンドが頻繁に響く、外国のパーティーを思わせる豪華な楽曲となっている。Komei Kobayashiが手掛けた歌詞は、サビの「Kissing you, Loving you, Welcome to the paradise」等の英語のフレーズが多数登場しており、マリウスの流暢な英語を心置きなく堪能することができる。パーティーのステージで華麗に踊るマリウスの姿が想像できる、楽園に来たように感じる崇高な楽曲である。


    スポンサーリンク


    1. Why?[03:42]

    作詞:EMI K.Lynn/作曲:Hjalmar Wlien・Sebastian Krantz/編曲:Hjalmar Wlien・川口進

     佐藤勝利のソロ楽曲。恋人に無礼な主人公が、恋人に愛想を尽かれた途端、抑えられない気持ちに動揺する楽曲となっている。危なげな雰囲気を思わせるピアノ・シンセ・ブラスサウンドが特徴的で、裏声で歌われるサビの「Why Why Why Why Why」「Stay Stay Stay Stay Stay」からは、恋人の笑顔が過る主人公の焦りを感じることができる。また、一人称は、従来のソロ楽曲で多用された「」ではなく、放蕩三昧の主人公を演出するための「」となっており、ここから佐藤が5年間で大人に成長したことを窺い知ることができる。少年から青年へ成長した佐藤が贈る、アダルトな魅力を秘めた楽曲である。個人的には、Aメロで微かに聴こえる女声の溜息と、大サビ前の「俺もOn and on and on now」が好きである。


    1. ...more[04:28]

    作詞・作曲:菊池風磨/編曲:GRP

     菊池風磨のソロ楽曲。自身が作詞・作曲を務めた。秒針を刻む音から始まる楽曲で、ピアノやアコースティックギターの音色が、好きな人と過ごすありふれたひと時の温もりを表しているように感じる。だが、大サビで、突如二人が別れていた描写が明確に登場し、それまでの歌詞が別れた後の主人公の回顧だったことが明かされる。ラブソングに見せかけたバラードという特異な楽曲で、双方の特徴を兼ね備えた菊池の歌声により、一聴しただけでは本質に気づけないようになっている(管理者も最初は純粋なラブソングだと思っていた)。詞・曲・音・声から、恋愛の温もりと失恋の悲しさが伝わってくる、新曲の中で最も優しく最も切ない楽曲である。尚、ギター演奏はTsuyo-Bが務めた(Twitter より)。


    スポンサーリンク


    1. Love Confusion[04:44]

    作詞:松井五郎/作曲:馬飼野康二/編曲:船山基紀

     2016年2月24日に発売された4thアルバム「Welcome to Sexy Zone」収録楽曲。


    1. Make my day[04:03]

    作詞:三浦徳子/作曲:川口進Joakim BjornbergChristofer Erixon/編曲:生田真心

     2015年12月16日に発売された10thシングル「カラフルEyes」共通カップリング曲。


    1. IF YOU WANNA DANCE[03:55]

    作詞・作曲:Shusui・Anders Dannvik/編曲:中西裕之

     2012年11月14日に発売された1stアルバム収録楽曲(詳細は当該ページを参照して下さい)。


    1. 24-7~僕らのストーリー~[04:01]

    作詞:EMI K.Lynn/作曲:Samuel Waermo・川口進/編曲:生田真心

     2016年2月24日に発売された4thアルバム「Welcome to Sexy Zone」収録楽曲。


    1. Silver Moon[04:14]

    作詞:上中丈弥(THE イナズマ戦隊)/作曲:川口進Christofer ErixonJoakim Björnberg/編曲:生田真心

     2012年11月14日に発売された1stアルバム収録楽曲(詳細は当該ページを参照して下さい)。


    スポンサーリンク


    1. 4 Seasons[04:40]

    作詞:miyakei/作曲:HIKARI・DAICHI/編曲:生田真心

     2014年2月19日に発売された2ndアルバム「Sexy Second」収録楽曲。


    1. Celebration![04:08]

    作詞:EMI K.Lynn/作曲:川口進Joakim BjornbergChristofer ErixonCHOKKAKU/編曲:CHOKKAKU

     2016年2月24日に発売された4thアルバム「Welcome to Sexy Zone」収録楽曲。


    1. Hey you![04:30]

    作詞:三浦徳子/作曲:多田慎也・木之下慶行/編曲:鈴木Daichi秀行

     2015年3月11日に発売された3rdアルバム「Sexy Power 3」収録楽曲。


    1. With you[04:14]

    作詞:ケリー/作曲:DAICHI・Samuli Laiho/編曲:清水哲平

     2011年11月16日に発売された1stシングル「Sexy Zone」共通カップリング曲。


    1. Congratulations(2016 ver.)[04:31]

    作詞:zopp/作曲:Samuel Waermo・Stefan Ekstedt/編曲:吉岡たく

     2014年2月19日に発売された2ndアルバム「Sexy Second」収録楽曲の新録ver.。表記はないが、松島聡マリウス葉を加えた5人ヴァージョンとなっている。


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    外部サイト

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    最初へ戻る


    サイト内検索

    Utapediaとは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    全ての作家・演奏者・楽曲をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

    特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    スポンサーリンク


    カテゴリー


    スポンサーリンク


    Twitter