King & Queen & Joker(Sexy Zone)- Utapedia

Sexy Zone

King & Queen & Joker

King & Queen & Joker」は、2014年5月14日に発売された、Sexy Zoneの6thシングルである。


  1. 概説・豆知識
  2. 楽曲一覧
  3. 外部サイト

概説・豆知識

  • 前作「バィバィDuバィ~See you again~/A MY GIRL FRIEND」から約7ヶ月ぶりのシングルである。
  • 次作「男 never give up」以降、中島・菊池・佐藤の3人体制になるため、一時5人体制最後のシングルとなった。
  • 初回限定盤K・S・F・通常盤・会場限定盤(10枚目のシングルを記念した数量限定生産の豪華LPサイズ仕様)の5形態で発売された。
  • 通常盤・会場限定盤のみ、C/W「Power of Run」が収録されている。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    楽曲一覧

    1. King & Queen & Joker[04:24]

    作詞:三浦徳子/作曲:川口進Joakim BjornbergChristofer Erixon/編曲:生田真心

     自身出演バラエティー「超潜入!リアルスコープハイパー」テーマ曲。高らかなブラスが鳴り響く、編曲・生田真心らしさ全開のラブソング。カード(トランプ)のキング・クイーン・ジョーカーをテーマにしており、「ガラスの靴」「し・あ・わ・せを」「ラヴ♥トライアングル」「恋の魔法」と、メルヘン要素が多数見受けられる。Sexy Zoneの王子様のようなカッコよさが楽しめる楽曲である。個人的には、間奏のコーラス「King & Queen & Joker」と、囁く「King & Queen & Joker」が好きである。


    1. 待ったなんてなしっ![03:39]

    作詞:ケリー/作曲:馬飼野康二/編曲:鈴木Daichi秀行

     アニメ「忍たま乱太郎」第22期ED曲。同アニメの音楽を手掛ける馬飼野康二が作曲を務めた。軽快なブラスサウンドで構成されており、青春を明るく楽しく過ごせるような楽曲となっている。個人的には、サビ直前の「Go Go Huu!!」とリズミカルな「One Two Three」、勢いある「なしっ!」「よしっ!」が好きである。



    スポンサーリンク


    1. 2020 Come on to Tokyo[05:10]

    作詞:松井五郎/作曲:馬飼野康二/編曲:石塚知生

     2013年9月に開催が決定した東京五輪(東京2020オリンピック競技大会)をテーマにした楽曲。軽やかなブラスと滑らかなストリングスが織り交ざったファンファーレのような楽曲で、1964年大会以来56年ぶりの東京大会が待ち遠しくなる楽曲となっている(東京五輪は、新型コロナウイルスの世界的流行により、2021年7月に延期された)。個人的には、Aメロ直前に鳴るホイッスルが好きである。尚、曲中のギター演奏は堀崎翔が務めた(堀崎氏のブログ より)。


    1. Power of Run[03:52]

    作詞:ENA☆/作曲・編曲:原一博

     通常盤・会場限定盤収録楽曲。ドラム・ベース・エレキギターが目立つ、疾走感あるバンドサウンドが特徴。「ひたすら走ってくんだ」「ダメでも走ってくんだ」「いつでも叫んでくんだ」「ダメなら叫んでくんだ」と、デカすぎる夢を掴むために止まらず走り続けると誓う楽曲となっている。


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    外部サイト

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    最初へ戻る


    サイト内検索

    Utapediaとは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    全ての作家・演奏者・楽曲をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

    特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    スポンサーリンク


    カテゴリー


    スポンサーリンク


    Twitter