櫻井翔

誤りの可能性があるので、必ず他のサイトと比較して下さい

スポンサーリンク


櫻井翔(さくらい・しょう)(1982.01.25~)は、日本・東京都出身(群馬県生まれ・東京都育ち)の歌手、俳優、タレント、司会者、キャスターである。ジャニーズグループ・のメンバーでもある。慶應義塾大学経済学部卒業。本名は同じだが、デビューから2002年頃までは、新字体の「桜井翔」を旧芸名として使用していた(旧字体の本名を芸名とした後も新聞等では新字体で表記される)。


  1. 概説
  2. 特徴・豆知識
  3. 制作作品 [詳細]
  4. 演奏作品
  5. Mステ披露楽曲
  6. 外部サイト・SNS

スポンサーリンク


概説

  • 1982年1月25日、群馬県前橋市にて誕生。慶應義塾幼稚舎(小学校)入学と同時に東京都港区へ移住する。
  • 1994年10月16日、慶應義塾普通部(中学校)2年の時、ジャニーズJr.としての活動を開始する。
  • 1999年11月3日、嵐のメンバーとしてデビューする。
  • 2000年4月、慶應義塾大学経済学部に進学する。
  • 2004年3月、慶應義塾大学経済学部を卒業する。
  • 2006年10月、日本テレビ系のニュース番組「NEWS ZERO」(現:news zero)の月曜キャスターに就任する。
  • 2017年8月、亀梨和也・小山慶一郎と共に、24時間テレビのメインパーソナリティーを務める。
  • 2018年12月、第69回NHK紅白歌合戦の白組司会を務める。
  • 2021年1月、嵐が活動を休止。以後、俳優、キャスター、司会者等、様々な分野で活躍する。
  • 2021年9月28日、一般女性との結婚を発表する。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    特徴・豆知識

    ※ 嵐のRap詞の作詞者・櫻井翔とサクラップの特徴のみを、独自に分析し解説しています。

  • 2002年発売の2ndアルバム「HERE WE GO!」で初めてRap詞を担当した(当時はSHOW名義だったが、次作「How's it going?」以降は、本名の櫻井翔名義となった)。
  • 2003年発売の11thシングル「言葉より大切なもの」で初のシングル楽曲のRap詞を担当。以降ほぼ全ての嵐楽曲のRap詞を手掛けている(14thアルバム収録曲「Mr. FUNK」のみ、スケボーキングのShigeoが手掛けた)。
  • 櫻井が手掛け曲中で歌うラップは、通称サクラップと呼ばれている。
  • 特徴として、豊富な語彙力と抜群のワードセンスにある。J-POPでは見かけないような単語が数多く登場し、更にそれらを見事に押韻して活用している。
  • 自身の手掛けたRap詞により、嵐の楽曲・Hip Popを創り上げたため、ジャニーズのラップ文化を確立させた功績者であると言える。
  • 自身がRap詞を書きそれを歌うスタイルは、Sexy Zone、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP等にも踏襲されており、ジャニーズのラップ文化における先駆者とも言える。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    制作作品

    ※ 特記以外は全てRap詞

    2002~2003年

    2004~2005年

    2006~2007年

    2008~2009年

    2010~2011年

    2012~2013年

    2014~2015年

    2016~2020年


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    演奏作品

    ※ ブックレット明記に限る


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    Mステ披露楽曲


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    外部サイト・SNS

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい

  • Johnny's net公式サイト  
  • J Storm公式サイト  
  • Wikipedia「櫻井翔」 
  • Wikipedia「嵐(グループ)」 

  • 最初へ戻る


    サイト内検索

    Utapediaとは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    全ての作家・演奏者・楽曲を押さえるのは無理なので、予めご了承下さい。

    他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

    特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    スポンサーリンク


    カテゴリー


    スポンサーリンク


    Twitter