根岸孝旨

誤りの可能性があるので、必ず他のサイトと比較して下さい

スポンサーリンク


根岸孝旨(ねぎし・たかむね)(1961.09.28~)は、日本・埼玉県出身のベーシスト・編曲家・作曲家・音楽プロデューサーである。日本大学芸術学部卒業。


  1. 概説
  2. 演奏作品
  3. 提供作品
  4. 関連作家
  5. 外部サイト・SNS

スポンサーリンク


概説

  • 幼少期に大宮の親戚の家でピアノに触れ、魅力的な音に引き込まれ音楽に目覚める。
  • 高校入学後、クラシックギター部や混声合唱部に入部し、最終的にロックギターへ辿り着く。
  • ある日に参加したロックライブ会場で、後にレベッカのドラムとなる小田原豊と知り合う。その際、小田原氏に「ベースを持たせられる」こととなり、知人からフェルナンデスのフレットレス・ベースを借りる。大切に扱う中、よく行くライブで見た樋沢龍彦のプレイスタイル「思いきり引っぱたく」に感化される。その後、多数のベーシストの出会いから様々な弾き方を学び、最終的に「パワー&動」のスタイルを確立する。
  • 大学入学後、アマチュア日本一の合唱団や、民族音楽集団・芸能山城組に入団する。
  • 大学1年生の時、小田原氏とザ・フーを模倣したバンド(POW!の前進)を結成し、コンテストで準優勝を獲得。これを機に、多くのミュージシャン・ネットワークを構築する。
  • 大学3年生の時、太田裕美のバックバンドに参加する。
  • ファンキー末吉と知り合い、爆風銃(爆風スランプの前身)のローディーを務める。また、YENレーベル(高橋ユキヒロ・細野晴臣が作ったレーベル)でアルバイトをしていたことで、ゲルニカやタンゴ・ヨーロッパのローディーも担当、レコーディング等のスタジオ作業にも参加する。
  • 大学卒業後、危ない一歩手前のアルバイトをしながらスタジオミュージシャンとして活動。そんな中、スタジオ仕事で知り合った音楽プロデューサー・小林武史に紹介され、サザンオールスターズのレコーディングに参加する。ミュージシャン引退覚悟で好き勝手弾いたところ、桑田佳祐に気に入られ、立て続けにレコーディングに呼ばれたり、休養中の関口和之の代役でライブに出演したりする。
  • 1982年、平井豊・小田原豊と共にロックバンド・POW!(当時はKIDS)を結成する。
  • 1989年、古田たかし・長田進と、バンド・Dr.Strange Loveを結成。3人で携わった藤井フミヤのツアーで評判となり、奥田民生のサポートに繋がり10年務める。
  • 1997年、34歳でDr.Strange Loveとしてメジャーデビューする。
  • 1997年、Coccoのプロデュースを開始する。
  • Coccoの他、木村カエラ、くるり、つじあやの、中島美嘉、一青窈、aiko、GRAPEVINE、miwa等々、多数のアーティストのレコーディングやプロデュースに携わる。
  • Dr.Strange Loveの他、kokuaやJUNK FUNK PUNKとしても活動する。
  • (参考:カナデルーム


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    演奏作品

    ※ 特記以外は(E.)Bass/ブックレット明記に限る

    山本彩

    関ジャニ∞

    いきものがかり

    ポルノグラフィティ


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    提供作品

    ※ 特記以外は全て編曲

    山本彩


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    関連作家

  • 本間昭光(bluesofa)

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    外部サイト・SNS

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい

  • 所属事務所「COOL CORPORATION」  
  • 公式ウェブサイト  
  • Twitter(@negimisoitame) 
  • Instagram(takamunenegishi) 
  • Wikipedia「根岸孝旨」 

  • 最初へ戻る


    サイト内検索

    Utapediaとは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    全ての作家・演奏者・楽曲を押さえるのは無理なので、予めご了承下さい。

    他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

    特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    スポンサーリンク


    カテゴリー


    スポンサーリンク


    Twitter