僕たちは戦わない(AKB48)- Utapedia

僕たちは戦わない

僕たちは戦わない」は、2015年5月20日に発売された、AKB48の40thシングルである。


目次

  1. 概説
  2. 楽曲一覧
  3. 歌唱メンバー
  4. 外部サイト

概説

  • 前作「Green Flash」から約2か月半ぶりのシングルである。
  • Type A・B・C・D (それぞれ初回限定盤と通常盤)・劇場盤の9形態で発売された。
  • 本作は以下の功績・賞歴を達成した。
    • 初日ミリオンセラー達成
    • 初日売上の歴代最高記録更新
    • 第53回日本レコード大賞・優秀作品賞
    • 第30回日本ゴールドディスク大賞「シングル・オブ・ザ・イヤー」受賞

  • スポンサーリンク


    楽曲一覧

    1. 僕たちは戦わない[05:28]

    作詞:秋元康/作曲:Yo-Hey/編曲:佐々木裕

     755・ガーラジャパン・ディップCMソング。荒涼とした戦場を彷彿とさせる、乾いたアコースティックギターが特徴的な楽曲である。「戦争による憎しみの連鎖を断ち切るために、僕たちは戦わない」と歌う、不戦の意志を誓ったピースソングである。個人的には、前述のアコースティックギターの他、曲中で頻出するシンセ・ストリングスサウンドと、1番Bメロの「この世界で流れ落ちる涙の総量決まってるなら みんなで分かち合おうか」が好きである。尚、アコースティックギター演奏は清水哲平が務めた(Twitter より)。


    1. Summer side[04:53]

    作詞:秋元康/作曲:水島康宏/編曲:若田部誠

     共通カップリング曲。ディップ・グノシーCMソング。セレクション16が歌唱する。爽やかブラスと優しいピアノ、グルーヴィーなエレキギターが特徴的な楽曲。互いに別の恋人がいた男女が、1年後の夏に付き合う様子を描いている。爽快感・清涼感に溢れたポップソングで、強い陽射しに眩しい青空、遠くで聴こえる波の音が聴くだけで自然と浮かんでくる。夏の恋を楽しく彩るBGMに相応しい、常夏にぴったりなSummer songである。個人的には、前述の音色の他、最初のピアノグリッサンドとサビの女声コーラスが好きである。尚、ギター演奏はYAMACHIが演奏した(所属事務所公式サイト より)。


    スポンサーリンク


    1. “ダンシ” は研究対象[04:21]

    作詞:秋元康/作曲:伊藤大輔/編曲:久下真音

     Type A収録楽曲。てんとうむChu!が歌唱する。可愛いシンセサウンドとギターの音色が響く楽曲。昔の彼女の相談に乗り、自分の前に連れてくる恋人の姿にお冠になる女子を描いている。間奏では、癪に障ったメンバーの不満と「プンプンプン!」が登場。連続で来る可愛い怒声に、思わず口元が緩んでしまう。「未知な生き物 “ダンシ” をもっと研究・観察しよう」と歌う、キュートなアイドルソングである。尚、この曲は、作曲を務めた伊藤大輔の作曲家デビュー作品である(T&E Corporation公式サイト より)。また、ギター演奏は白鳥義一が務めた(Twitter より)。


    1. カフカとでんでんむChu![05:04]

    作詞:秋元康/作曲:you-me/編曲:あらケン

     Type B収録楽曲。でんでんむChu!が歌唱する。4thシングル「BINGO!」の成瀬英樹you-me名義で作曲。目が覚めたらでんでんむChu!に変身していた女の子の心情を描いている(1番Aメロにある通り、フランツ・カフカの中編小説『変身』を思わせる内容である)。編曲・あらケン演奏のギターサウンドが非常に痛快(公式サイト より)。好きな「あなた」から拒絶されずに受け入れられた喜びを表しているように聴こえる。爽快エレキギターと可愛い歌声が魅力的な、でんでんむChu!の可愛さを詰め込んだロックチューンである。


    スポンサーリンク


    1. 汚れている真実[04:17]

    作詞:秋元康/作曲:大貫和紀・河原レオ・高木龍一/編曲:大貫和紀・河原レオ

     Type C収録楽曲。チーム8選抜(Team 8のメンバー47名から選抜された10名)が歌唱する(Team 8の選抜楽曲はこの曲が初である)。汚れている真実・醜い現実に直面する女子の葛藤を細かく描写。曲全体のシンセサウンドが、汚い真実から逃げずに向き合う意志を表しているように感じる。「キレイゴトではなくても、自分の色を持って生きて行く」という、思春期の決意が込められた楽曲である。尚、編曲は大貫和紀・河原レオが務めた(河原氏の所属事務所公式サイト YouTube公式PV の概要欄参照)が、Wikipedia エケペディア には「編曲:大貫和紀」と表記されている。


    1. バレバレ節[05:40]

    作詞:秋元康/作曲:上田晃司/編曲:野中“まさ”雄一

     Type D収録楽曲。アサヒ飲料「ワンダ モーニングショット」CMソング。WONDA選抜が歌唱する。中年サラリーマンの苦悩を労い励ます音頭で、ブラスやクラリネットが踊る賑やかな楽曲となっている。月曜日から金曜日までは、メンバーがソロパートを担当(順番は島崎・渡辺・高橋・柏木・横山)。こぶしが効いた陽気な歌声を堪能することができる。「今日も元気にそれなりに頑張ろう」と歌う、日本全国のサラリーマンへ向けた応援歌である。尚、ブックレットの歌唱メンバーが、誤植で「Summer side」のものになっている。また、ギター演奏は堀崎翔が務めた(堀崎氏のブログ 参照)。


    スポンサーリンク


    1. 君の第二章[05:42]

    作詞:秋元康/作曲・編曲:大神良康

     Type D収録楽曲。川栄李奈の卒業ソング。選抜常連メンバーと、川栄と親交がある高橋朱里が歌唱する(高橋は当初キングレコード発表の歌唱者一覧にはなかったが、後に一覧が更新され、歌唱参加が判明した)。

     ピアノとアコースティックギター中心の楽曲。「未来は今日から変えられる」「希望はいつでも前にある」等、不安な気持ちを抑えた前向きな歌詞が特徴である。AKB48メンバーとしての第一章を労い、女優としての第二章にエールを送る、慈しみに溢れた優しい卒業ソングである。個人的には、リズミカルなCメロのメロディーが好きである。また、1番Aメロの「笑い方まで 忘れたように 暗闇の中 もがいてた」が、2014年5月25日のAKB48握手会傷害事件で被害を受けた川栄の心情を表しているように感じた。


    1. 出逢いの日、別れの日[06:27]

    作詞:秋元康/作曲:春行/編曲:板垣祐介

     劇場盤収録楽曲。ゲンソー & ジキソー(現・AKB48グループ総監督の高橋みなみ & 次期総監督の横山由依)が歌唱する。ギターとピアノが特徴的に響く楽曲。高橋と横山が、雨だった6年前(2009年)の出逢いの日を振り返り、「別れの日は晴れにしよう」と語り合う姿を描いている。歌詞は、総監督の重責に怯える横山と、その横山を励ます高橋を描いたものとなっている。また間奏では、横山が不安を吐露し、高橋が総監督に指名した理由を明かす台詞が挿入されている。高橋と横山の絆や信頼が窺える、切なくも温かい本作最長楽曲である。個人的には、雨の雫を思わせるピアノサウンドが好きである。


    スポンサーリンク



    歌唱メンバー

    ※ センターポジションはで表示
    1. 僕たちは戦わない

    生駒里奈・大島涼花・大和田南那・岡田奈々・柏木由紀・加藤玲奈・川栄李奈・川本紗矢・木﨑ゆりあ・北川綾巴・小嶋陽菜・小嶋真子・兒玉遥・坂口渚沙・指原莉乃・島崎遥香・須田亜香里・高橋朱里・高橋みなみ・田野優花・中野郁海・松井珠理奈・松井玲奈・峯岸みなみ・宮澤佐江・宮脇咲良・向井地美音・武藤十夢・山本彩・横山由依・渡辺麻友・渡辺美優紀

    1. Summer side(セレクション16)

    大島涼花・大和田南那・岡田奈々・川本紗矢・北川綾巴・小嶋真子・兒玉遥・坂口渚沙・須田亜香里・高橋朱里・田野優花・中野郁海・峯岸みなみ・宮澤佐江・武藤十夢・渡辺美優紀

    1. “ダンシ” は研究対象(てんとうむChu!)

    岡田奈々・北川綾巴・小嶋真子・渋谷凪咲・田島芽瑠・朝長美桜・西野未姫

    1. カフカとでんでんむChu!(でんでんむChu!)

    大和田南那・川本紗矢・田中美久・谷口めぐ・向井地美音・村山彩希・矢吹奈子

    1. 汚れている真実(チーム8選抜/都道府県順)

    坂口渚沙・横山結衣・谷川聖・佐藤七海・本田仁美・横道侑里・永野芹佳・山田菜々美・中野郁海・倉野尾成美

    1. バレバレ節(WONDA選抜)

    柏木由紀・島崎遥香・高橋みなみ・横山由依・渡辺麻友

    1. 君の第二章

    川栄李奈/入山杏奈・柏木由紀・木﨑ゆりあ・小嶋陽菜・指原莉乃・島崎遥香・高橋朱里・高橋みなみ・松井珠理奈・山本彩・横山由依・渡辺麻友


    スポンサーリンク


    外部サイト

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    サイト内検索

    このHPは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    また、編曲クレジットのある音楽番組の披露楽曲情報もまとめています。

    全ての情報をまとめることは出来かねますので、予めご了承下さい。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    カテゴリー


    Twitter