嵐

LOVE

LOVE」は、2013年10月23日に発売された、の12thアルバムである。


  1. 概説・豆知識
  2. 楽曲一覧
  3. 外部サイト

スポンサーリンク


概説・豆知識

  • 前作「Popcorn」から約1年ぶりのアルバムである。
  • 既発曲は、40thシングル「Calling/Breathless」、41stシングル「Endless Game」である。
  • 始まるLOVE(愛)” “勘違いのLOVE(愛)” “イケイケのLOVE(愛)” “終わったLOVE(愛)” 等、様々な「LOVE」の形が表現された楽曲が詰まっている。
  • 初回限定盤・通常盤の2形態で発売された。
  • 第28回日本ゴールドディスク大賞アルバム賞アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。
  • 9thアルバム「僕の見ている風景」同様、全曲のストリングス演奏を弦一徹ストリングスが務めた。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    楽曲一覧

    1. 愛を歌おう[04:07]

    作詞:SQUAREF・mfmsiQ・John World/Rap詞:櫻井翔/作曲:Benny Jansson/編曲:佐々木博史

     夜明けの海を想像させる壮大なゴスペルナンバー。弦一徹ストリングスの豪華な弦演奏と、佐々木久美らの多重コーラスが魅力的な、“はじまりのLOVE(愛)” を思わせる楽曲である。尚、曲中に挿入された櫻井翔のRap詞も、「果てなき海」「夢と刻む帆」「空に向け続く航海」「道を照らす灯台」と、海を連想させるフレーズが多々見られる。


    1. サヨナラのあとで[04:03]

    作詞:R.P.P./作曲:MiNEAtsushi Shimada・Fredrik Samsson/編曲:吉岡たく

     恋人を失った男性の悲しみを歌ったバラード。主人公の喪失感を想像させる哀しいピアノが特徴的な、冬の “終わったLOVE(愛)” を描いた楽曲である。個人的には、曲全体のコーラスが、サビで登場する「白いため息」を表現しているように聴こえた。


    1. CONFUSION[03:20]

    作詞:Shigeo・Macoto56/作曲:Joe Killington・Katerina Branmley・Tim Worthington・Michael Conn/編曲:石塚知生

     ドラム・ベース・エレキギターで構成されたロックナンバー。スケボーキングのShigeoが作詞に参加しているためか、AメロやBメロでは軽快な押韻の歌詞が展開されている。3分20秒の短さで “混乱するLOVE(愛)” を見事に描いた、クールな楽曲である。個人的にはリズミカルなBメロが好きで、特に2番Bメロの「ピント合わない巷」が「ピント合わなっちまった(=ピント合わなくなっちまった)」と聴こえて好きである。


    1. Hit the floor[04:54]

    作詞:alleztune/作曲:川口進・BERT・ROLF/編曲:石塚知生

     大野智のソロ楽曲。女性を鮮やかにエスコートする紳士を描いたアダルトチューンで、摩天楼の綺麗な夜景を思わせる洗練されたサウンドが魅力的である。漆黒のタキシードを着て、華麗な所作で女性を惑わす大野が想像できる、“大人のLOVE(愛)” と “セクシーなLOVE(愛)” を兼ね備えた楽曲である。


    スポンサーリンク


    1. P・A・R・A・D・O・X[03:20]

    作詞:AKIRA・HJ & Co.・SQUAREF・s-Tnk/Rap詞:櫻井翔/作曲:James Bird・Olly Goodman・Michael Duke・Emma Rohan/編曲:A.K.Janeway・吉岡たく・James Bird・Olly Goodman・Michael Duke・Emma Rohan

     本作のリード楽曲。作詞4名・Rap詞1名・作曲4名・編曲6名(うち4名は作曲者)の総勢11名が制作に参加している(嵐の楽曲では最多である)。欲情する真夜中のベッドシーンを思わせる、“興奮するLOVE(愛)” を描いたクールチューンである。尚、コーラスは作詞のAKIRAが務めた。


    1. sugar and salt[04:31]

    作詞:100+/Rap詞:櫻井翔/作曲・編曲:韻シスト

     櫻井翔のソロ楽曲。ヒップホップグループ・韻シストが作曲・編曲・演奏を務めた。主人公が過去の恋愛を思い出して感傷に浸る曲で、彼女と過ごした甘い過去と、その彼女がいない現実を、sugar and saltと表しているように感じる。また、最後に「君の明日を願うよ」と区切りを付けようとするも、直後にサンプリングが始まっており、主人公が過去から抜け出せず思い出の中を泳いでいる様子が上手く表現されている。主人公の女々しさをジャジーに描いた、“忘れられないLOVE(愛)” を歌った楽曲である。尚、この曲は本作最多の生音数となっている。


    1. Breathless[04:59]

    作詞:HYDRANT/作曲:原田卓也Christofer ErixonJoakim Björnberg/編曲:佐々木博史

     2013年3月6日に発売された40thシングルの2曲目。二宮和也主演映画「プラチナデータ」主題歌(詳細は当該ページを参照して下さい)。


    1. 20825日目の曲[04:19]

    作詞・作曲:二宮和也/編曲:ha-j・二宮和也

     二宮和也のソロ楽曲。自身の母親を題材にした曲で、「唯一の誇り」「あなたの偉大さ」「ばあちゃんはすごい人だ」といった、母親に対する想いがあけすけに綴られている。和やかなメロディーとサウンドで作られた、“子が親を想うLOVE(愛)” を描いた温かい曲である。個人的には、2番サビの「ドラマチックに書けないや。」が、敢えてドラマチックに書かないことで、曲中の言葉に誇張や嘘偽りがないことを表しているように感じた。尚、題名の「20825日」は、二宮の母の誕生から本作発売日までの日数のことである。


    スポンサーリンク


    1. Rock Tonight[04:17]

    作詞・作曲:100+/編曲:BJ Khan

     100+作詞・作曲のアッパーチューン。「Loud! Loud! Loud! Loud!」「No way! No fake! Always! Tonight!」等の英単語やthe Gaya-xyのガヤが、元々テンションの高いメロディーを更に盛り上げている。ファンと共に会場を盛り上げられる、“嵐とファンとのLOVE(愛)” を育める楽曲である。尚、エレキギターやドラムの音が目立つが、生音は種子田健演奏のベースである。


    1. Endless Game[03:58]

    作詞:100+/作曲:Chris Janey・Dyce Taylor/編曲:2H・Chris Janey

     2013年5月29日に発売された41stシングル。櫻井翔主演ドラマ「家族ゲーム」主題歌。弦一徹ストリングスの弦楽器の音や、加工された()“” の歌声が特徴的。ドラマのシリアスでスリリングな世界観を忠実に再現している楽曲である。尚、サビには、ドラマの題名の一部を使用した「“終わりなき世界 繰り返すplay the game”」というフレーズが登場する。


    1. Calling[04:01]

    作詞:s-Tnk・eltvo/作曲:Andreas Johansson・youwhich/編曲:石塚知生

     2013年3月6日に発売された40thシングルの1曲目。相葉雅紀主演ドラマ「ラストホープ」主題歌(詳細は当該ページを参照して下さい)。


    1. 夜空への手紙[04:48]

    作詞:阿部祐也/作曲:ニホンジン/編曲:BIGSHOOTER BOYS

     相葉雅紀のソロ楽曲。作詞は「Friendship」を作詞・作曲した相葉の友人・阿部祐也で、相葉の届けたい想いができるだけ剥き出しになるように作詞した(阿部氏のブログ より)。また、作曲は仙台市在住の大学生3人組・ニホンジン(2020年解散)が、編曲はBIGSHOOTER BOYSことイセイジンが手掛けた。

     相葉の亡き祖父への想いを綴った曲で、曲中には「肩を並べて 揺られてた 逆さまみたいなモノレール」といった思い出の歌詞が登場する(このモノレールは、千葉市にある千葉都市モノレールを指す)。沢山の愛と優しさと感謝が込められた、“孫の祖父に対するLOVE(愛)” が伝わる優しい楽曲である。個人的には、星々の輝きを思わせるサビのピアノが好きである。また、2番Aメロの「「どんな道を歩むかより、誰と歩むのかが大事だ」」「「幸せは思いやり合う人と人との間に咲く」」は個人的に至言だと思った。


    スポンサーリンク


    1. Dance in the dark[03:49]

    作詞:HYDRANT/作曲:原田卓也・SkyLine・Christofer Erixon/編曲:Pieni tonttu

     松本潤のソロ楽曲。カジノを思わせる妖しげな雰囲気が漂う楽曲で、HYDRANTが手掛けた英単語だらけの歌詞が特徴的である(歌詞が横に長く、ブックレットのほぼ一頁を埋め尽くしている)。黒田晃年のギター・マンドリン・ウクレレが陽気に響く、“妖しいLOVE(愛)” と “楽しいLOVE(愛)” を織り込んだ楽曲である。尚、クレジットにはないが、Song Coordinationを音楽プロデューサーのSTEVEN LEEが務めた(STEVENの公式サイト より)。


    1. Starlight kiss[03:59]

    作詞:AKIRA・s-Tnk/Rap詞:櫻井翔/作曲:Fredrik“Figge”Borstöm川口進/編曲:川口進

     僕とキミの初めてのKissを描いた楽曲。題名の「Starlight kiss」がサビで繰り返されていて、非常にキャッチ―である。櫻井翔のRap詞は、華奢な腰に手を回したり香りが鼻に触ったりと、キスの詳しい描写が艶やかに描かれている。愛し合う二人の最初の口づけを描いた、“ギリギリなLOVE(愛)” の歌である。


    1. FUNKY[04:02]

    作詞:mfmsiQ・s-Tnk/作曲:BJ Khan・原田卓也Joakim BjörnbergChristofer Erixon/編曲:BJ Khan

     軽快な「Let's dance!!」から始まるディスコチューン。前奏やAメロではグルーヴィーなエレキギターのカッティングがあり、サビでは弦一徹ストリングスによる弦楽器の長い響きがある。リズムに乗れる「O-o O-o」というフレーズもあり、体が自然に踊り出す仕掛けがそこかしこに施されている。HappyでGroovyなDisco nightを送れる気がする、最高に “アゲアゲなLOVE(愛)” の曲である。


    1. Tears[04:34]

    作詞:小川貴史・SQUAREF/作曲:加藤裕介/編曲:BJ Khan

     題名通り失恋の「涙」を題材としたバラード。1番Aメロのピアノやアコースティックギターが、涙がぽろぽろと零れる様子を表しているように感じる。若すぎた主人公の恋の後悔を綴った、“悲しみのLOVE(愛)” を描いた楽曲である。尚、演奏楽器及び演奏者は、前曲「FUNKY」と同一である。


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    外部サイト

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    最初へ戻る


    サイト内検索

    Utapediaとは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    全ての作家・演奏者・楽曲を押さえるのは無理なので、予めご了承下さい。

    他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

    特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    スポンサーリンク


    カテゴリー


    スポンサーリンク


    Twitter