嵐

Step and Go

Step and Go」は、2008年2月20日に発売された、の21stシングルである。


  1. 概説・豆知識
  2. 楽曲一覧
  3. 外部サイト

スポンサーリンク


概説・豆知識

  • 前作「Happiness」から約5か月ぶりのシングルである。
  • 表題曲「Step and Go」は、発売時点ではノンタイアップだった(嵐のシングル表題曲では唯一である)。
  • 初回限定盤・通常盤・Johnny's web会員期間限定商品の3形態で発売された。
  • 通常盤のみ、C/W「冬を抱きしめて」とオリジナル・カラオケが収録されている。
  • Johnny's web会員期間限定商品「Step and Go〈Special Cu[9]bic Box〉」には、6thアルバム収録曲「COOL & SOUL」の終盤の歌詞を変更した「COOL & SOUL for DOME07」が収録されている。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    楽曲一覧

    1. Step and Go[04:48]

    作詞:Wonderland/Rap詞:櫻井翔/作曲:youth case/編曲:吉岡たく

     自身出演バラエティー番組「GRA」ED曲(発売後にタイアップが付いた)。エレキギター・ブラス・打ち込みリズム・櫻井翔のラップと、全てのサウンドが絶妙なグルーヴを醸し出している。花びら舞い散りゆく頃、それぞれの道を歩む仲間達が交点の先で再会することを誓う、グルーヴィーながら愛しさや優しさに溢れた楽曲である。尚、編曲を務めた吉岡たくは、この曲が自身初のシングル表題曲となった。

     個人的には、Aメロの途中で流れる電子音と、サクラップと共に流れる佐野聡演奏のクロマチックハーモニカ、大サビ頭のピアノサウンドが好きである。また、歌詞では、Bメロの「We're gonna step and go to the brand new story」と1番Bメロの「I'm gonna go there with my memories」、サクラップの「根ってのは太く深く永く誇る」が好きである。


    スポンサーリンク


    1. 冬を抱きしめて[04:35]

    作詞:藤瀬聖・杉山勝彦/作曲:杉山勝彦/編曲:石塚知生

     通常盤収録楽曲。自身出演のハウス食品「C1000レモンウォーター」CMソング。恋人の「君」と過ごす冬を待ち望む主人公を描いた曲となっている。「君」への高鳴る想いを表現したブラスや、空に舞う粉雪を思わせるピアノ、「1mm」や「1g」といった極小の単位が登場する歌詞や、リズミカルな「今・すぐ・ほら」「今・すぐ・そこ」等々、キャッチーな要素が多数登場する。「冬が寒いのは、好きな人を抱きしめて温め合うからだ」という世界観が微笑ましい、冬の凍える寒さ以上に温かいウィンターラブソングである。個人的には、生音のように聴こえるサウンドが好きである。尚、この曲は、共作詞・作曲を務めた杉山勝彦の音楽作家デビュー曲である(杉山氏のサイト より)。


    1. COOL & SOUL for DOME07[04:42]

    作詞:SPIN/Rap詞:櫻井翔/作曲・編曲:吉岡たく

     Johnny's web会員期間限定商品「Step and Go〈Special Cu[9]bic Box〉」収録楽曲。2007年開催のコンサートツアー「凱旋記念最終公演 ARASHI AROUND ASIA+ in DOME」で披露された、6thアルバム収録曲「COOL & SOUL」のライブヴァージョンである。前奏の延長や、間奏の櫻井翔による台詞の変更、終盤パートのRap詞追加等々、原曲にない要素が多数盛り込まれた楽曲となっている。尚、楽曲パフォーマンスは、2007年発売のライブDVD「ARASHI AROUND ASIA+ in DOME」Disc1に収録されている。


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    外部サイト

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい


    最初へ戻る


    サイト内検索

    Utapediaとは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    全ての作家・演奏者・楽曲を押さえるのは無理なので、予めご了承下さい。

    他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

    特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    スポンサーリンク


    カテゴリー


    スポンサーリンク


    Twitter