youth case

誤りの可能性があるので、必ず他のサイトと比較して下さい

スポンサーリンク


youth case(ユース・ケース)は、百瀬悠介・加古祐介の幼馴染み2人による、日本の楽曲制作ユニットである。


  1. 概説
  2. 特徴・豆知識
  3. 提供作品
  4. 演奏作品
  5. 共作作家
  6. 外部サイト・SNS

スポンサーリンク


概説

  • 2005年より活動を開始。
  • 嵐を中心に、作詞・作曲・編曲等の楽曲提供を行う。
  • 曲作り・言葉選び・トラック制作まで、全て共同作業というスタイルで活動している。
  • 2014年設立の株式会社KIMONO代表取締役も務めている。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    特徴・豆知識

  • 2006年発売の17thシングルのカップリング曲「Kissからはじめよう」の作詞で、嵐の楽曲制作に初参加。同曲は、メンバーの二宮和也が好きな曲として挙げており、櫻井翔もサビがお洒落だと評価している(ウラ嵐マニアのシークレットトークより)。
  • 2007年発売の18thシングル「Love so sweet」で作曲を担当。ドラマ「花より男子2(リターンズ)」主題歌として空前の大ヒットを遂げ、同時に嵐の知名度が急上昇する要因となった。
  • 2008年発売の22ndシングル「One Love」で作詞を担当。映画「花より男子F(ファイナル)」主題歌の他、結婚式で聴きたい歌としても人気となり、嵐はこの曲で国民的アイドルグループとしてのの地位を築いた。上述のことから、youth caseは「Love so sweet」と「One Love」で、嵐のブレイクを手助けしたといえる。
  • 嵐の他にも、Hey! Say! JUMP、TEAM SHACHI、風男塾、miwa、徳永ゆうき等、様々なアーティストに楽曲提供している。
  • 2020年には、秋元康プロデュースのSKE48、乃木坂46、日向坂46への楽曲提供を開始。乃木坂46の「I see...」等、ファンに人気の楽曲を提供している。
  • youth caseの由来は、2人のユウスケ(Yusuke's)である。

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    提供作品

    ※ 特記以外は全て作曲

    SKE48

    乃木坂46

    櫻坂46

    日向坂46

    倉木麻衣


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    演奏作品

    ※ ブックレット明記に限る


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    共作作家

  • 城戸紘志
  • Erik Lidbom

  • スポンサーリンク


    最初へ戻る


    ドラゴンリズム披露楽曲

    ※ 特記以外は作曲・編曲/詳細は該当ページを参照

    1. 」[]()

    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    Mステ披露楽曲


    スポンサーリンク


    最初へ戻る


    外部サイト・SNS

    ※ 必ず他のサイトと比較して下さい

  • 所属事務所「KIMONO」公式ウェブサイト  
  • Wikipedia「youth case」 

  • 最初へ戻る


    サイト内検索

    Utapediaとは

    本HPは、作詞家・作曲家・編曲家・演奏者・曲情報をまとめたサイトです。

    全ての作家・演奏者・楽曲を押さえるのは無理なので、予めご了承下さい。

    他には、バズリズム(02)・ミュージックステーション等、編曲者クレジットのある音楽番組の披露曲もまとめています。

    特に、48グループ・坂道シリーズ・嵐・関ジャニ∞・Sexy Zoneの楽曲が好きです。

    自分のペースでゆるりと運営していますので、何卒宜しくお願い致します。


    スポンサーリンク


    カテゴリー


    スポンサーリンク


    Twitter